shinoblog-manabu

Progate(プロゲート)を使って初歩の初歩からプログラミング勉強をはじめました。無料から有料バージョンへ以降しつつ、自分辞書として活用しています。なるべく私と同じ初心者目線を使い、各プログラミング内容を説明したいです。

データベースの作成方法 データベースを削除する方法

 

 

データベースの作成方法

SHOW databases;SHOW databases;SHOW databases;

 

SHOW databases;

database一覧が表示される

 

データベースの作成方法

 

CREATE DATABASE 指定データベース名

 

この様に書く

 

 

「SHOW databases」にて確認。一覧に表示されていたら成功。

 

指定データベースを使用する際は

「USE 指定データベース名」

 

こう書く。そうすると「テーブルの作成」できるようになる。

 

このように覚える。

 

 

 

テーブルの作成

CREATE TABLE users (id INT AUTO_INCREMENT, name TEXT, PRIMARY KEY (id)) DEFAULT CHARSET=utf8;

 

テーブル作成の基本形クエリ

CREATE TABLE users (id INT AUTO_INCREMENT, name TEXT, PRIMARY KEY (id)) DEFAULT CHARSET=utf8;

 

こう書く。

 

作成目標テーブル名:指定して書く

カラム名・データタイプ・オプション:左順に指定し書く

PRIMARY KEY(id):idカラムに設定しましたよ、という設定

 

このように覚える。

 

 

以上を書くことで、新たなテーブルを作成することができる

 

 

 POINT

SHOW tables; を使用し、事あるごとに確認しよう

そうすることで次に進みやすくなる。

 

 

 テーブル作成が成功したか確認する

 DESCRIBE users;

 こう書く。

 

希望のテーブルが作成されたことを確認する。

 

 

 

3. プライマリーキー

プライマリーキーはidカラムに設定されるプライマリーキーはidカラムに設定されるプライマリーキー

 

  • PRIMARY KEY = 制約を意味する
  • idカラムに設定することによって、指定対象を識別しやすくなる

 

このように覚える

 POITNT

 idカラムに AUTO_INCREMENTを設定、idカラムにPRIMARY KEYを設定する。個別に番号が設定される。すると重複しないようになって便利。

 

 

 

4.テーブルの動作確認

プINSERT INTO users(name) VALUES('指定データ');INSERT INTO users(name) VALUES('指定データ');

 

作成したテーブルにデータ挿入する方法

INSERT INTO users(name) VALUES('指定データ');

 

このように書く

 

作成したテーブルにデータ取得する方法

SELECT * FROM users;

 

 

 

5.データベースの削除

DROP TABLE 削除対象のテーブル名;DROP TABLE 削除対象のテーブル名;DROP

 

 

テーブルを削除する方法

DROP TABLE 削除対象のテーブル名;

 

こう書く

 

データベースを削除する方法

DROP TABLE 削除対象のデータベース名;

 
point

・一度削除されると:テーブルもデータベースも元に戻らない。よく確認し削除する

・作成したデータベースの確認方法:SHOW databeaes; を指定し表示・確認する

 

このように覚える

 

 

今回覚えたこと

・データベースの作成

・テーブルの作成

・データベースの削除

・テーブルの削除

 

 

 

今回は以上です。

データベースの作成方法 データベースを削除する方法

 

 

データベースの作成方法

SHOW databases;SHOW databases;SHOW databases;

 

SHOW databases;

database一覧が表示される

 

データベースの作成方法

 

CREATE DATABASE 指定データベース名

 

この様に書く

 

 

「SHOW databases」にて確認。一覧に表示されていたら成功。

 

指定データベースを使用する際は

「USE 指定データベース名」

 

こう書く。そうすると「テーブルの作成」できるようになる。

 

このように覚える。

 

 

 

テーブルの作成

CREATE TABLE users (id INT AUTO_INCREMENT, name TEXT, PRIMARY KEY (id)) DEFAULT CHARSET=utf8;

 

テーブル作成の基本形クエリ

CREATE TABLE users (id INT AUTO_INCREMENT, name TEXT, PRIMARY KEY (id)) DEFAULT CHARSET=utf8;

 

こう書く。

 

作成目標テーブル名:指定して書く

カラム名・データタイプ・オプション:左順に指定し書く

PRIMARY KEY(id):idカラムに設定しましたよ、という設定

 

このように覚える。

 

 

以上を書くことで、新たなテーブルを作成することができる

 

 

 POINT

SHOW tables; を使用し、事あるごとに確認しよう

そうすることで次に進みやすくなる。

 

 

 テーブル作成が成功したか確認する

 DESCRIBE users;

 こう書く。

 

希望のテーブルが作成されたことを確認する。

 

 

 

3. プライマリーキー

プライマリーキーはidカラムに設定されるプライマリーキーはidカラムに設定されるプライマリーキー

 

  • PRIMARY KEY = 制約を意味する
  • idカラムに設定することによって、指定対象を識別しやすくなる

 

このように覚える

 POITNT

 idカラムに AUTO_INCREMENTを設定、idカラムにPRIMARY KEYを設定する。個別に番号が設定される。すると重複しないようになって便利。

 

 

 

4.テーブルの動作確認

プINSERT INTO users(name) VALUES('指定データ');INSERT INTO users(name) VALUES('指定データ');

 

作成したテーブルにデータ挿入する方法

INSERT INTO users(name) VALUES('指定データ');

 

このように書く

 

作成したテーブルにデータ取得する方法

SELECT * FROM users;

 

 

 

5.データベースの削除

DROP TABLE 削除対象のテーブル名;DROP TABLE 削除対象のテーブル名;DROP

 

 

テーブルを削除する方法

DROP TABLE 削除対象のテーブル名;

 

こう書く

 

データベースを削除する方法

DROP TABLE 削除対象のデータベース名;

 
point

・一度削除されると:テーブルもデータベースも元に戻らない。よく確認し削除する

・作成したデータベースの確認方法:SHOW databeaes; を指定し表示・確認する

 

このように覚える

 

 

今回覚えたこと

・データベースの作成

・テーブルの作成

・データベースの削除

・テーブルの削除

 

 

 

今回は以上です。

データベースの作成方法 

 

 

データベースの作成方法

SHOW databases;SHOW databases;SHOW databases;

 

SHOW databases;

database一覧が表示される

 

データベースの作成方法

 

CREATE DATABASE 指定データベース名

 

この様に書く

 

 

「SHOW databases」にて確認。一覧に表示されていたら成功。

 

指定データベースを使用する際は

「USE 指定データベース名」

 

こう書く。そうすると「テーブルの作成」できるようになる。

 

このように覚える。

 

 

 

テーブルの作成

CREATE TABLE users (id INT AUTO_INCREMENT, name TEXT, PRIMARY KEY (id)) DEFAULT CHARSET=utf8;

 

テーブル作成の基本形クエリ

CREATE TABLE users (id INT AUTO_INCREMENT, name TEXT, PRIMARY KEY (id)) DEFAULT CHARSET=utf8;

 

こう書く。

 

作成目標テーブル名:指定して書く

カラム名・データタイプ・オプション:左順に指定し書く

PRIMARYKEY:

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

総復習 

 

 

 

 

 

総復習

コマンドの履歴

↑ ↑ ↑ ↑ ↑ ↑ ↑ ↑ ↑ ↑ ↑ ↑ ↑ ↑ ↑ ↑ ↑ ↑ ↑ ↑ ↑ ↑ ↑ ↑ ↑ ↑ ↑ ↑ ↑ ↑ 

 

コマンドの履歴をみる時は

 

↑(矢印うえボタン)を押すと過去の履歴を表示できる

 

このように覚える

 

 

演習問題

確認しよう

mkdir : フォルダ作成

mkdir/指定ディレクトリ名  :ディレクトリ(フォルダ)の中に新しいディレクトリ(フォルダ)を作成

touch :ディレクトリの中に新しいファイルを作成する

rm -r ディレクトリ名 :ディレクトリを削除

cp -r コピーしたいファイル名 新しく作成したいファイル名 :同じファイル内容をコピーしつつ、新しくディレクトリを指定ディレクトリに作成する

mv 旧ファイル名 新しいファイル名 :旧ディレクトリを新ディレクトリ名に変更する

cd .. 一つ前のディレクトリへ移動

ls :実行できているか確認

 

 上記を駆使しながら問題解決していきます。

ここでcomand Lineは終了。お疲れ様でした。

以上です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ファイルを削除する 

 

 

 

 

 

ファイルの駆除

rm削除するファイル名 rm削除するファイル名rm削除するファイル名rm削除するファイル名

 

ファイルの削除

 

rm 指定ファイル名

 

このように書く

 

 

 

ディレクトリ(フォルダ)の削除

rm -r 削除するファイル名rm -r 削除するファイル名 rm -r 削除するファイル名 rm -r 削除するファイル名

 

ファイルの削除

 

rm  -r 指定ファイル名

 

このように書く

 

 

 

演習問題

確認しよう

cd 移動

cd .. :ディレクトリへ移動

rm ファイル名 :ファイルを削除

rm -r ディレクトリ名 :ディレクトリを削除

ls :実行できているか確認

 

 

以上です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ファイルのコピー 

 

 

ファイルのコピー

cp コピーするファイル名 新しいファイル名cp コピーするファイル名 新しいファイル名cp コピ

 

 移動
 名前変更
✓コピー
 削除

 

cp コピーしたいファイル名 新しいファイル名

 

 

このように書く

 

ディレクトリのコピー

cp -r コピーするディレクトリ名 新しいディレクトリ名cp -r コピーするディレクトリ名 新しいディレクト

 

-r cp コピーしたいファイル名 新しいファイル名

 

 

このように書く

 

※こちらはディレクトリ・フォルダ両方ともコピーするので注意が必要※

 

 

エラー

-rを忘れずに書く-rを忘れずに書く-rを忘れずに書く-rを忘れずに書く-rを忘れずに書く

 

ディレクトリ移動コマンドCPを書く際に「-rを忘れずに書く」

 

 

このように覚える

 

 

演習問題

 

フォルダ内の中身を確認する際は  ' ls ' をつかう

 

ls ←これだけコマンドする

 

prog-8.com

 

 

ファイルの中身を確認する際は ' cat ' をつかう

 

cat + 確認したいファイル名

prog-8.com

 

指定されたフォルダまで移動するとき

フォルダA/フォルダB/フォルダC/フォルダD/指定フォルダ

 

指定フォルダまで移動するには上記のようにスラッシュ/にて各フォルダを区切る必要がある。

 

 

前のディレクトリへ戻りたいとき

移動コマンドCD + ..←このドットの数によって戻る位置が変わる

 

 

 

以上です。

ファイル・ディレクトリ名の変更  

 

ファイル名を変更する

デmv ファイル名 新しいファイル名mv ファイル名 新しいファイル名mv ファイル名 新しいファイル名

 

 移動
✓名前変更
 コピー
 削除

---

「mv 今のファイル名 新しいファイル名」

 

このように書く

 

 

 

演習問題

※右側の仕様書は言葉足らずなので注意※

 

つまづいてしまった貴方へ

最初の指定フォルダに行くにはどうすれば良いのかを考える

 

文面通りに受け取らない

 

無事にフォルダ移動できたら、実行することは二つ

  • cd を使ってまずは指定フォルダに移動する
  • mv を使ってファイル名を書き換える

 

 

 

以上です